明日葉青汁の特徴・効能

明日葉青汁の特徴・効能

〈明日葉〉
明日葉を使った青汁も多く見かけるようになりました。ケールや大麦若葉もそうですが、青汁の主原料になる植物は生命力が強いのが特徴です。明日葉も「今日摘んでも明日また生えてくる」という意味からその名が付けられました。
日本では古くから薬草として使用されており、その昔秦の始皇帝が不老長寿の薬を求めて日本へ来たという伝説もあり、その求めた不老長寿の薬が明日葉だったと言われています。
温暖な気候を好む植物であり、東南アジアで多く栽培されていますが、特に日本の八丈島で作られている明日葉は海のミネラルも含み栄養価が高いために、国産の青汁では良く使われています。

 

〈栄養価〉
大麦若葉とケールほどは栄養価の違いはありませんが、脂質・ビタミンC・葉酸・カルシウム・マグネシウム以外では、ケールよりも若干明日葉の方が栄養価が高くなっています。しかし、栽培方法や製造方法によって青汁に加工した時の栄養価は変わってくるので、総合的に考えるとケールと同等の栄養価と言えましょう。

 

〈効能〉
ケールとほぼ同じくらいの栄養価のために、ケールにおける効能とほぼ同じです。しかし、明日葉にはケールには無い「カルコン」という成分が含まれているのがケールと若干違うポイントとなります。カルコンとは植物の茎や葉を切った時に、断面に染み出てくる黄色い液体のことです。このカルコンを含む植物は世界でまだ2、3種類しか発見されていません。その一つが明日葉なのです。カルコンはポリフェノールの一つで、体の血行を良くすることで、新陳代謝の促進を助ける効能を持っています。
他にも「胃酸を抑える」「がん予防」など、健康に良い効能を沢山持っています。