緑茶青汁の特徴と効能

緑茶青汁の特徴と効能

〈緑茶〉
緑茶青汁と言っても、緑茶が主成分となっている場合はほとんどなく、他の緑黄色野菜などとブレンドして使われます。緑茶の持つまろやかな風味によって、ケールや大麦若葉といったクセのある味を緩和するために使われるサポート的な存在ではありますが、緑茶にも健康に良いとされる栄養は沢山入っています。

 

〈栄養価〉
緑茶の栄養として代表的なのが「カテキン」です。ポリフェノールの1種であり、強い殺菌効果を持っています。他にもカルシウム・マグネシウム・フッ素などのミネラルや、ビタミンB2,C,E・βカロテン・フラボノイド・食物繊維なども多く含んでいます。

 

〈効能〉
緑茶青汁であれば、カテキンによる効能を得ることが出来ます。カテキンの強い殺菌作用によって、体内に侵入してくる雑菌やウイルスから体を守ります。「風邪・インフルエンザ予防」の効果があるということです。さらに、「体内の悪玉コレステロールを減少させる」働きもします。
また、緑茶にはカフェインが含まれていますが、このカフェインによって頭がシャキッとする他に「利尿作用」「判断力・記憶力アップ」の効果もあります。
緑茶の甘み成分のテアニンには「リラックス効果」もあるので、カフェインによる効果と合わせて、精神的な効果が得られるのも緑茶青汁の特徴とも言えますね。