クマザサ青汁の特徴と効能

クマザサ青汁の特徴と効能

〈クマザサ〉
クマザサは日本の野山に自生するイネ科の植物の1つです。隈取模様の葉っぱであったり、冬眠から目覚めたクマが最初に食べる葉っぱであるなどの理由からクマザサと呼ばれるようになったと言われています。観賞用として庭に植えられる他、乾燥させた葉はお茶として飲まれたり、葉から摂れるエキスが民間薬として使われたりと、いろいろな形で活用されています。

 

〈栄養価〉
ビタミンB1,B2,C,Kとビタミン群が豊富です。カルシウム・鉄分・クロロフィルといったミネラル系の成分もしっかり含まれています。

 

〈効能〉
ビタミン群による効果はもちろんあります。
他に注目すべきはクロロフィルによる効能です。クロロフィルとは、葉っぱの色を作り出している葉緑素のことです。クロロフィルには「胃腸を改善する」効果があるのですが、ただ改善するのではなく、健康な状態になるまで回復するという優れた作用なのです。
さらにクマザサには笹独自であるバンフォリンという成分が含まれているのですが、これには造血作用があるので、「貧血予防・改善」「疲労回復」「血液浄化」といった血液に関する効果があるのも特徴となっています。
貧血になりやすい女性にクマザサ青汁はぴったりです。